久々に友達と外食をした先週末のこと

先週末、久しぶりに友達と外食をしました。
本当は少し前に、お互い好きなアーティストのグッズの代行購入を頼まれていて、
そのグッズがやっと届いたので、それを譲り渡す口実で久々に会おうに関してになりました。
友達はもちろん、女子だ。当たり前ですが。(笑)

外食自体も久々でしたが、友達に逢うこと自体も久しぶりでした。
ましてやその友達に会うのは9月以来でした。
不思議なもので、出会うと、久々なのに話が進みます。
私は現在学生ですが、友達は社会人で毎日頑張っています。
そんな彼女を心から強いなあと思います。
しばらく会っていなかったのでお互い近況を話していましたが、
その子は職場でけがをしてしまって、2週間ほど仕事を休んでしまっていたみたいでした。
以前会ったときなどに仕事の話を聞くと、周りの環境や先輩に恵まれて仕事が明るいと言っていた彼女でしたが、
この前は少し違って、職場に行くのが大変と話していました。
休んでしまった2週間の間に、とある役割を決めたりすることがあったみたいなのですが、
引き返して自分がどこに属せばいいのかで自分の居場所がわからなくなってしまったようです。

私はまだ、社会人ではなく働いた経験もないため、彼女の苦しみをわかって譲ることはできませんでしたが、
社会に出るとこの悩みもやれるんだなあと、勉強になりました。
そうして、やはり仕事を休むとどうしても周りから浮いてしまうことがわかりました。
私も社会人になったら、体調管理をしっかりして仕事を休まないようにしたいと思いました。

どうか、いつまでも元気でいてください。

夢を見た。

日本テレビの女性アナウンサーが事故に巻きこまれた。雨の中、車に同乗していたようだ。つい最近、担当番組が変わったばかりで、私たち視聴者には見えない心労もあり、大変だったのだろうかと思った。
人気アナウンサーであり、私たちの生活の一部であり、良く知った顔とキャラクター。大きな目に涙を潤ませ、よく笑い、よく食べ、元気な声を聞いていた、あの女性アナウンサーが。

夢と現実の境目がつかないまま、テレビを付けてみる。しかし、まだ情報がない。慌ててインターネットを調べてみる。
もしこれが本当なら大事件で、この女性アナウンサーの名前を検索すれば、スマホニュースでトップで出てくるだろう。今あるテレビのワイドショーニュース話題は、全て、この話題に塗り替えられていくだろう。
意を決して、名前を入力する。

水卜麻美

・・・出てこない。何も事故のニュースは出てこない。
付けっぱなしのテレビからは、水卜アナウンサーの番組紹介映像が普通に流れている。
良かった!無事だった。

何か、ウソみたいなタイミングで、とんでもないニュースが飛び込んできたりする。
まさか、水卜アナウンサーとは、愕然としたが、スッキリで元気に、人懐っこく、にこやかに共演者と話す水卜麻美アナウンサーを見ていた。

カメラ目線でニュースを読む水卜アナウンサーに、生きててよかった、本当によかったと強い思いをもって私は心で叫んだ。

事情さま?リゾート

今日の『基盤さま?リゾート』はメキシコでした。

カリブ海の海の色調って素敵ですね?。
こんな海で泳いでみたいものです!
浜はサラサラの白い浜辺で、誠に気持ち良さそうでした。

メキシコと言えばテキーラ!
ナビゲーターの婦人はテキーラのフローズンカクテルを飲んでいました。おいしそ?!
他にもアーモンドフレイバーのテキーラも紹介されていました。誠に、テキーラ店舗があるそうです。

旅館はうっとりするようなハイクラスな事でした。全体的に広々としたシックな体制で、息抜きできみたい。
ベランダには内証浜を見れるジャグジーが!風呂部屋は15畳だ!

後述に登場した、メキシコの覆面プロレスラー家事に笑わせられて、ウィークの疲れがとれました。カスタマーの水原希子ちゃんもかわいかった?!

無邪気な子供と五月蠅い子供

先日、とある行列に並ぶ機会がありました。

行列には鉄の柵で区切りが付けられていたのですが、そこに一人のちびっ子が近づいていきました。

何をするのかと見ていると、その子はいきなり鉄の柵を舐め始めたのです。

その子の母親は止めようとしているのですが、その子はただ静かに鉄の柵を舐め続けていました。

最終的にその子は母親に抱きかかえられて止められたのですが、その後は特に何をするでもなく、ずっと静かに並んでいました。

子供らしい不思議な行動となぜ止められるのか分からないとでも言いたげな表情に行列の中でとても癒されました。

一方、同じ行列の中にまた別の、少し年上の子がいました。

こちらはただただ叫び声を上げ続けていましたが、母親はまさに我関せずといった形でした。

見るに見かねた周りの方が注意をするのですが、そういう時に限って母親がその大人に当たり散らすのです。

最終的に誰も止めることなくその子は走り回りつづけていましたが、当然というべきか転んでしまいました。

途端にその子は泣き出すのですが、周りの大人ももう手出しはしません。

母親は周りに薄情だなどと喋っていましたが、自業自得というものでしょう。

この二人はどちらも同じ子供だというのに、行列の中での行動がまるで違いました。

むしろ小さい子の方が静かにルールを守っていたのです。

この二人の差は一体どこからきているのでしょうか。

私は、やはり母親からだろうと考えています。

片やきちんと叱る親、片や転ぶまで何もしないで甘やかす母親では当然の差だろう、と思います。

子育ては地域で、と語る現代において、私は薄情でしょうか。

コストは3分の1だ

100円のミルクしか知らないカテゴリーは、可愛そうです。何でも安く払えるのが人並みと考え、多少なりとも高くなると、バイタリティが250円のミルクを知る自分よりも酷いでしょう。
取り敢えず、こうなってくると、賢明金額が必要です。安かろう悪かろうは、日本の因習だ。安物買いの銭失いもそうです。
殊更、付きは削れませんね。家電量販店でも、工事費だけは安くはできないカラクリだ。人並みといえば当たり前です。
これからは、テクノロジーを持ち合わせる自分が生き残るのかもしれません。また、賢明金額を知っていることも、重要です。
保育チャージがおっきいといいますが、大事な娘を預け入れるのに、安すぎます。昔は、ばあやを雇っていたのですから。総計は、3分の1いかだ。

今日したこと

今日は、朝から郵便局に行きました。

郵便局が目的ではなく、その前にあるポストに投函するものがあったからです。

2日前に通信講座の資格試験が郵送されてきて、2日間かけて解いていました。

その試験の解答を郵送するために郵便局のポストに行ってきたのでした。

それから家に帰るとおじが娘と来ていて、おじとおじの娘と私の弟と私で近くの公園へおじの娘を連れて行ってきました。

公園には30分程いました。

おじの娘は現在4歳ですが、しばらく見ない間にまた大きくなっていて子供の成長は早いなと感じました。

それから家に帰って、お昼はピザを注文しました。

今日は家にいるのは弟と私だけだったので、2人分のピザを注文しました。

弟がテリヤキチキンピザを、私がコーンのピザを注文しました。

注文から30分くらいでピザが到着しました。

どちらのピザも出来立てでとても美味しかったです。

それから少しだけ読書をしました。

現在、ミステリー小説を読んでいましたが、今日読み終わりました。

同じ方が著書の他の本も読みたいと思います。

読書をするとリラックス効果があるそうです。

それは一日5分の読書でもその効果があるそうです。

これから少し家事をしたいと思います。

まずは、食器を洗って掃除機をかけたいと思います。

食欲の秋!甘いお菓子は止められない!

9月も終わりに近づいて、涼しくなってきましたね。
そのせいか、最近食欲がすごくて、少し太ってしまいました。
夏は食欲が落ちるので少し痩せるんですが、9月に入って気温が下がってくると、落ちた食欲を取り戻すようにたくさん食べてしまうということがここ数年続いています。
食べだすと止まらなくなってしまうんですよね。
お菓子とか、買い置きしたくて買ってきても一気に食べてしまいます。
最近は食べ過ぎを防ぐために、自分作るようにしています。
自分でつくると結構楽しいですし、達成感があります。
それに、自然と味わって食べるので満足感が得られて、食べ過ぎも防止できましたね。
ストレスが溜まっていたり、食べたくてしょうがなかったときはお腹がはち切れるほど食べてしまいましたが…。

私は、チョコやクッキー、ドーナツなど甘いものが大好きで、食べ過ぎるのは主にそういうものばかりです。
最近はホットケーキミックスでお菓子を作るのにハマってます。ホットケーキミックスって便利ですよね。
いろんなお菓子に使えて、しかも簡単に作れます。私も、ドーナツとスコーンを作ってみました。

ドーナツは、味はホットケーキと同じですが、油で揚げるだけでめちゃくちゃ美味しくなりました。
外は少しカリッ、中はもちっふわっとして食べると幸せな気持ちになりましたね。

スコーンもめちゃくちゃ美味しかったです。
板チョコを入れて作ったんですが、いい感じに溶けて生地の甘さと相まって美味しかったです。
作った分を一気に食べてしまいました。
作り方も、材料をビニール袋に入れて捏ねてトースターで焼くだけ、とすごく簡単で洗い物も少ないのでまた作って食べたいです。
ただ、今度は食べ過ぎないようにしたいな(笑)

たくさん美味しいお菓子を食べてそろそろ満たされてきたので、少しダイエットしようかな。
とりあえずお菓子と炭水化物を控えようと思います。
今度は「スポーツの秋」に注目して、運動を始めたいです。

子供のクラブ追っかけ日記

息子が中学校でサッカー部、小学5年生から近くのサッカー少年団に入り少年のサッカー人生が始まった。

ともに、家族でのサッカークラブの追っかけが始まるのである。家族は父・母・長男・長女の4人家族、娘はまだ小学生なので当然興味もないサッカーに連れていかれるのである。どうにかこうにか一緒に行くがどうしても飽きてしまうので、父はあの手この手で飽きさせないように奮闘するのである。その間はサッカーは見れないのである(泣)

おやつを持って行ったり、サッカーボールを持っていて遊んだり、ほかにも小さい子が来るので一緒に遊んだりして気を紛らわすのです。どこでもある下の子あるあるでしょうか(笑)追っかけ日記というより下のことの〇〇奮闘記になってしまいそうです。

小学生の時から弱小チームでうまくて大きい子が1人しかいないチームでした。何とか地区では勝てることもあった。キーパーも小さいので上が届かないという笑えるおち。中学校に進級(進学)するときにそのうまい子は倶楽部チームに行ってしまって残りカスだけのチームとなってしまいました。言葉はかなり悪くて申し訳ない。先ほどもうまくて大きい子と書きました。それ以外の全員が小さいのです。ちょっと大きくても150センチ程度。その他はうちの子で140前半、130センチ代も数名いる。そんなチームがついに3年生がクラブ卒業したことで、新人戦に挑むのです。なんと、弱小校(一応母校)2年生がいないので1年生がほぼほぼ小学生の体系、技術のまま初めての公式戦デビューとなってしまったのです。

速い、うまい、でかい(強い)の三拍子がそろっているのならよいのですが、漫画に出てきそうな(漫画にできそうな)くらい笑える絵面。

遅い、下手、小さい(弱い)の三拍子がそろっちゃったチーム。ボロカスで負けてしまいました。野球だったらコールド負けです。なんでサッカーにはないんだろう。見ているこっちが情けない、悲しくなってしまいました。

しかし、悪いことばかり見てもいけません。良い面を見ると、当面は当然負け続けますが、そのまま2年・3年と長期スパンでチーム作りができると思えば来年に向けてチーム作り! 楽しみです。

焼き付け刃英会話教室

今週久しぶりに、英語圏の国に行くのですが。久しぶりすぎて英語がわからない…‼︎
何せ学生時代、英語は平均点取れれば良いやくらいにしか考えておらず(海外なんて縁はないだろうから別に喋れなくてもいいや)そんなふうに思っていました。
ですが大人になった今、私のストレス解消法は海外旅行に行くこと。見たことのない景色を見てみたい‼︎食べたことのないものを食べてみたい‼︎
それには、必然的に英語が伴うのです…。

何時もは、中華圏辺りをウロついているので漢字さえできれば最低限なんとかなるのですが…。今さら学生時代の私を恨んでも仕方ありません。
なので、今日‼︎焼き付け刃で対海外旅行でよく使う英会話の半日講座に行ってきました‼︎
リミットまで後5日‼︎ギリギリ…。

緊張しながら教室のドアを開けた瞬間、そこは英語圏でした。
「こんにちは。本日のお教室の方ですよね?お名前宜しいですか?(的な事を言われた)」
「うっ…あ、あ…」
日本語すら喋れない有様。それでも、強制的に英語しか話せない空間に放り投げられると人間なんとかするもので。
先生に文法をほぼ直されながらも2時間半のグループレッスンを終えました‼︎

発音だけは唯一、褒められたのですが「多分、一生懸命喋ろうと声を大きめに出してるので聞き取りやすいんだと思います」との事。
良かった。そう言われただけでも、行った甲斐があったよ…。
「自信がなくてもモニョモニョ言わなければ向こうも理解しようとしてくれますから‼︎」
そんな先生の言葉を信じて旅立ってこようと思います‼︎

え、文法?
文法を理解するにはやっぱり2時間半じゃ無理でした…嫌な予感しかしません。