大砂嵐の無免許運転の事件は本当にタイミングが悪いです。

最近の相撲界はかなりたるんでいると思います。
今回、大砂嵐が無免許運転で、しかも事故を起こしたという記事を見ました。しかも親方にも報告が非常に遅れたらしいです。これはよくないですね。弁解の余地はないと思います。

大事故になっていなかっただけまだましなのかもしれませんが、そういう問題ではありません。
それにしても時期が悪いですよね。最近のスポーツの話題は相撲界の不祥事がかなり多かったので、ここに来てさらにこの無免許の話題は傷口に塩を塗るようなもんです。

ただ、ここで思うのはこれら最近の不祥事は外国人力士が多いんですよね。
規範意識はどうなっているのでしょうか。外国人力士の実力は認めますが、それ以外の規範意識のレベルでいうと外国人ならではの感覚というものがあるような気がします。
これぐらいは許されるだろうと思う感覚が強い人が多いのかもしれません。もちろんしっかりした外国人もいますが。

いづれにしても一相撲ファンとしてはすっきりしない気持ちでいっぱいです。
これだけの問題が起きていて、理事会のトップである八角理事長は責任を取る気があるのでしょうか。ここまで来たら責任をとって辞めて、理事会のメンバーにも何かしらのペナルティーを科さなければならないと思います。今後の相撲界の動向がとても気になります。

見ていても楽しいステーショナリーグッズ

ボクは、時々モールに行くのですが、その中に入っている文房具会社に随時止まります。余剰はそれ程大きくないのですが、色々な代物が有るので、視線の保養になっています。以前、行った時はアンブロの鉛筆パターンを買い、更にKURUTOGAと書かれたシャープペンシルを購入しましたが、シャープペンシルはプーマのものでコントラストはネイビーでした。こういうシャープペンシルは、使用中に芯が回って芯がとがり続けているはについてでしたので、こういった物はいいな、として購入しました。良品であれば、他のコントラストヴァリエーションもあるので、それを買ってみようと思ったのですが、手に取っていい感じの代物でしたので、更にアップ備しようと考え、買いに行きました。店内には、まだ同じ型の他のコントラストヴァリエーションのものがありましたので、悪徳とレッドを買いました。クリエーターは三菱鉛筆ですので、1本810円ではありましたが、しっかりした製品と思われます。ボクは、筆記具についてもそうですが、或るあたり金額が高くても良品を常用し続けたいと考えているタイプなので、こういった製品は、長く使えると指しました。未来が楽しみな製品です。その他では、スポルディングの鉛筆ケースがありましたが、一見スリムで少量しか代物が入らないと思われたのですが、実際にはストレッチングネタ支出なので、大容積且つ色々な代物が入るについてでしたので、購入してみることにしました。中にはフラップ文書があり、下側に敷いて底面のパワーアップにも使えたり、前側に出して中身の落下護衛にも助かるについてでした。最適優れ産物かも知れないとして購入してみましたが、こちらも未来が楽しみです。こういった物品を手に取ってみると内的が和む時があるので、随時こういったお店に寄って見ることを継続したいと思います。

貯金箱に入れるのはこのコインだけです。

500円玉貯金をしています。「ズボラな人でも毎日500玉が貯まるすごい方法」という本を読み、ズボラなわたしでも出来るの~??とちょっと期待をして始めました。つい本って帯買いしてしまいます。でも、買った甲斐がありました。最初は半信半疑で読み始めましたが、日本初の500玉貯金メソッドというだけあって、著者の考え出した法則をなるほど~と納得してしまいました。ドラクエ世代のわたしにとって、キングオブコインと言われるとなんだか収集癖もくすぐられます。ドラクエではコインをたくさん集めてメダル王に持って行くと色んな景品をくれるのです。

とにかくゲーム感覚が楽しいし、500円玉の可能性を感じる1冊でした。この本を読んで貯金の才能が開花した方もおられるとのこと。なんと100万以上貯めたミリオンの方もおられるのを聞くと、とっても励みになります。わたしの今欲しいものは、持っている楽器ライアーの違う音階のものです。50万くらいします。なかなかハードルの高い金額ですが、500円玉は貯金箱に入れるとき「ガチャン」と他の小銭には出ない重厚感がある音がして、ときめきます。少し時間はかかるかもしれませんが、無理せずに続けられそうなので頑張りたいと思います。