どうか、いつまでも元気でいてください。

夢を見た。

日本テレビの女性アナウンサーが事故に巻きこまれた。雨の中、車に同乗していたようだ。つい最近、担当番組が変わったばかりで、私たち視聴者には見えない心労もあり、大変だったのだろうかと思った。
人気アナウンサーであり、私たちの生活の一部であり、良く知った顔とキャラクター。大きな目に涙を潤ませ、よく笑い、よく食べ、元気な声を聞いていた、あの女性アナウンサーが。

夢と現実の境目がつかないまま、テレビを付けてみる。しかし、まだ情報がない。慌ててインターネットを調べてみる。
もしこれが本当なら大事件で、この女性アナウンサーの名前を検索すれば、スマホニュースでトップで出てくるだろう。今あるテレビのワイドショーニュース話題は、全て、この話題に塗り替えられていくだろう。
意を決して、名前を入力する。

水卜麻美

・・・出てこない。何も事故のニュースは出てこない。
付けっぱなしのテレビからは、水卜アナウンサーの番組紹介映像が普通に流れている。
良かった!無事だった。

何か、ウソみたいなタイミングで、とんでもないニュースが飛び込んできたりする。
まさか、水卜アナウンサーとは、愕然としたが、スッキリで元気に、人懐っこく、にこやかに共演者と話す水卜麻美アナウンサーを見ていた。

カメラ目線でニュースを読む水卜アナウンサーに、生きててよかった、本当によかったと強い思いをもって私は心で叫んだ。